パスミスを無くす方法!最強デフェンスとは!?

パスミスを防ぐには?

パスをミスを少なくする方法

パスをミスしないためには、まず、ボールの手前側を指を開いて持つようにしてください。

 

そして、パスをする方向に向かって親指を突き出すような感じで投げて、腕を最後まで伸ばしきるようにします。

 

手首のスナップを使ってボールに逆回転をかけて押し出せれば、飛距離が伸び、スピードも増すでしょう。

 

それに、チェストパスだけでなく、ワンハンドプッシュパスやバウンドパスなど、色々な方法でパスできるようにすると、ミスしづらくなります。

 

また、相手の死角を狙ってパスを出すのも、ミスしにくくなるのでオススメです。

 

顔の横、脇の下、足元を狙って、素早くパスを出すと、パスが通りやすいはずです。

 

それから、パスするとみせかけてタイミングをずらしてフェイントをかけたり、パスするとみせかけたのとは違う方向に投げたりといった方法もあります。

 

さらに、パスするのとは違う方向を見ながらのノールックパスや予備動作なしのノーモーションパスもぜひマスターしておきたいパステクニックです。

ディフェンスのコツってあるのか?

ディフェンスのコツとしては、とにかく抜かれないようにすることでしょう。

 

無理に止めようとすると、抜かれてしまったり、フリーの選手を作ってしまいかねません。

 

できるだけオフェンスをコーナーに追い込むようにして、リングに近づけさせないようにします。

 

そうすれば、いずれオフェンスは追い詰められて、無理な体勢からパスしたり、シュートせざるを得なくなるはずです。

 

強引にボールを奪おうとしたり、相手のミスを誘うよりも、簡単に入ってしまうようなシュートを打たせないことに重点を置いてディフェンスしましょう。

 

また、相手がドリブルをしている際には、相手を見ながら腰を落としてサイドステップなどで移動しなくてはいけませんから、下半身をしっかりと鍛えておく必要がありますね。

 

それに、確実にシュートを防ぐためにも、シュートチェックの練習をしておいてください。

 

ジャンプのタイミングや跳び方などは、何度も練習しないと、身につけられません。

 

タイミングがずれるとシュートを入れられてしまいますし、跳び方がまずいとファールになってしまうこともありますから、試合形式の練習などで実践的な練習をしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ